音楽むすび | ジャンル : ロック・ポップス > ハードロック・ヘヴィメタル

ジャンル : ロック・ポップス > ハードロック・ヘヴィメタル

50th アニヴァーサリー・ライヴ - セカンド・ナイト -50th アニヴァーサリー・ライヴ - セカンド・ナイト -

ベテラン・ハードロック・バンド、BLUE ÖYSTER CULT が 22 年に 3 晩にわたり敢行したデビュー50周年ライヴ。 73年の名盤セカンド・アルバム『Tyranny and Mutation』の完全再現が行われた、その第 2 夜の模様を収録したライヴ作品が登場! オリジナル・メンバーのアルバート・ブーチャードもゲスト参加。 【日本語解説書封入/日本語字幕付き】 アメリカが誇るベテラン・ハードロック・バンド、BLUE ÖYSTER CULT 。 72年にバンド名を冠したアルバムでデビューを果たす。その後『Secret Treaties』(74年)、『On your feet or on your knees』(ライヴ盤、75年)等、70年代を通じて数々の名盤をリリースした彼らは、世界中で大きなファンベースを獲得していった。 とりわけ歴史的名曲「(Don't Fear) The Reaper」を収録した 76年の 4th アルバム『Agents of Fortune』は、ゴールド・ディスクを獲 得する快挙に。Metallica による「Astronomy」のカバーを通じて、彼らを知った若いファンも少なくないことだろう。 そんな BLUE ÖYSTER CULT は、22年 9月 21日から 23日の 3日間、ニューヨークのソニー・ホールにてデビュー50周年を記念したライヴを行った。 それぞれ『Blue Öyster Cult』、『Tyranny and Mutation』(73年)、『Secret Treaties』の完全再現というスペシャルな 3 晩は、いずれもソールドアウト。昨年初日の様子を収めた『50th Anniversary Live - First Night -』がリリースされたのに続き、この度『50th Anniversary Live - Second Night -』が発売されることとなった。 第 2夜は『Tyranny and Mutation』の完全再現+ヒット曲&ディープ・カッツという実に贅沢な内容。 また、オリジナル・メンバーのアルバート・ブーチャードもゲスト参加していると言うのだから、ファンとしてはたまらない! すべてのハードロック・ファン必携のアイテムだ。 ・伝説のハードロックバンドによる、2022 年に収録されたアルバム完全再現ライヴ盤 ・1973 年リリースの『Tyranny and Mutation(邦題:暴虐と変異)』とヒット曲他を披露 ・オリジナル・メンバーのアルバート・ブーチャードがゲスト参加 【メンバー】 エリック・ブルーム (ヴォーカル/ギター/キーボード) ドナルド "バック・ダーマ" ローザー (ギター) リッチー・カステラーノ (ギター/キーボード) ダニー・ミランダ (ベース) ジュールズ・ラディーノ (ドラムス) 【スペシャル・ゲスト】 アルバート・ブーチャード (ギター/ドラムス/パーカッション)

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP