音楽むすび | ジャンル : ロック・ポップス > ロック・オルタナティヴ

ジャンル : ロック・ポップス > ロック・オルタナティヴ

シカゴIシカゴI

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々!  解説・歌詞・対訳付 【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。 颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。 70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『シカゴI(シカゴの軌跡)』 ロバート・ラム(vo, key)やジェイムズ・パンコウ(tb)を中心にシカゴで結成。 ビッグ・シング〜シカゴ・トランジット・オーソリティ〜シカゴとバンド名を変えながら、1969年にLP2枚組でデビューを果たした記念すべき作品。ブラス・ロックというバンド・スタイルを確立した。(1969年作品)

シカゴIIシカゴII

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々!  解説・歌詞・対訳付 【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。 颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。 70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『シカゴ2(シカゴと23の誓い)』 世界のロック・シーンにその存在を示したスケールの大きな1970年発表の2ndアルバム。 大ヒット曲「長い夜」(全米シングル・チャート4位)を収録した全米アルバム・チャート第4位を記録した彼らの出世作。 このアルバムからバンド名をシカゴに改めた。ボーナス・トラック2曲収録。(1970年作品)

シカゴIIIシカゴIII

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々!  解説・歌詞・対訳付 【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。 颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。 70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『シカゴ3』 1971年発表の3rdアルバム。ピーター・セテラ、ロバート・ラム、テリー・キャスという個性溢れるリード・ヴォーカリスト/メイン・コンポーザーの持ち味がバランス良く発揮され、全米アルバム・チャート第2位を記録。「自由になりたい」(全米シングル・チャート20位)、「ロウダウン」(同35位)収録。(1971年作品)

シカゴVシカゴV

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々!  解説・歌詞・対訳付 【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。 颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。 70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『シカゴV』 通算5作目にして初の1枚ものアルバムとなった、1972年発表のアルバム。全体にソウル・ポップ色を強めた内容で、全米シングル・チャート3位となった「サタデイ・イン・ザ・パーク」、を収録。初の全米アルバム・チャートNo.1を記録。ボーナス・トラック3曲収録。(1972年作品)

シカゴVIシカゴVI

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々! 解説・歌詞・対訳付  【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『シカゴ6(遥かなる亜米利加)』 アメリカ国内での人気を不動のものにした1973年発表の通算6作目。前作に続き2作連続で全米アルバム・チャートNo.1を記録。大ヒット曲、「君とふたりで」(全米シングル・チャート4位)、「愛のきずな」(同10位)に加えて、ボーナス・トラック2曲収録。(1973年作品)

シカゴVIIシカゴVII

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々!  解説・歌詞・対訳付 【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『シカゴ7(市俄古への長い道)』 1974年発表の通算7作目。ビーチ・ボーイズやポインター・シスターズのメンバーがゲスト参加し、全米アルバム・チャートNo.1を記録。「君は僕のすべて」(全米シングル・チャート6位)、「渚に消えた恋」(同11位)等を収録の他、ボーナス・トラック1曲収録。(1974年作品)

シカゴVIIIシカゴVIII

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々!  解説・歌詞・対訳付 【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『シカゴVIII(未だ見ぬアメリカ)』 パーカッショニストのラウヂール・ヂ・オリヴェイラが正式加入し、8人編成となった1975年発表の通算8作目。全米アルバム・チャートNo.1を記録し、「拝啓トルーマン大統領」(全米シングル・チャート13位)、「追憶の日々」(同5位)を収録。ボーナス・トラック3曲収録。(1975年作品)

シカゴXシカゴX

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々!  解説・歌詞・対訳付 【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『シカゴX(カリブの旋風)』 『シカゴ5』から作り上げて来た洗練されたポップ・センスの頂点が表れた1976年発表の通算10作目。全米アルバム・チャート第3位を記録し、初の全米シングル・チャートNo.1に輝いた「愛ある別れ」、大ヒット曲「雨の日のニューヨーク」(同32位)を収録。ボーナス・トラック2曲収録。(1976年作品)

シカゴXIシカゴXI

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々!  解説・歌詞・対訳付 【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『シカゴXI』 1978年に不慮の事故で他界したテリー・キャスが参加した最後のアルバムで、シカゴの磨き抜かれたセンスが光る1977年発表の通算11作目。ビーチ・ボーイズ、チャカ・カーンがゲスト参加し、「朝もやの二人」(全米シングル・チャート4位)、「愛しい我が子へ(リトル・ワン)」(同44位)、「シカゴへ帰りたい」(同63位)の他、ボーナス・トラックとして「ウィッシュ・アイ・クッド・フライ(リハーサル)」、「パリ(リハーサル)」を収録。結果的に永年プロデューサーを務めてきたジェイムズ・ウィリアム・ガルシオ最後のプロデュース作品となった。全米アルバム・チャート第6位を記録。 (1977年作品)

ホット・ストリートホット・ストリート

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々!  解説・歌詞・対訳付 【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『ホット・ストリート』 1978年に不慮の事故で他界したテリー・キャスの後任にドニー・デイカスが加入した1978年発表の通算12枚目。このアルバムからプロデューサーがジェイムズ・ウィリアム・ゲルシオからフィル・ラモーンへとバトン・タッチされている。時代を反映してディスコ調のナンバーも収録し、全体的にノリのいいアルバム。「リトル・ミス・ラヴィン」には、人気絶頂にいたビー・ジーズも参加。全米アルバム・チャート第12位を記録し、大ヒット曲「アライヴ・アゲイン」、「ノー・テル・ラヴァー」(共に全米シングル・チャート14位)に加えてボーナス・トラックを収録! (1978年作品)

シカゴ13シカゴ13

あの頃夢中で聴いていた名盤が毎月続々登場!ワーナーミュージックが誇る洋楽名盤シリーズ:”フォーエヴァー・ヤング”が装いも新たに再始動!第三弾リリースは、2024年9月に来日公演が決定したシカゴの名盤の数々!  解説・歌詞・対訳付 【シカゴ】 1967年、シカゴにて結成。1969年に2枚組のアルバム『シカゴI(シカゴの軌跡)』でデビュー。颯爽としたホーンの響きや、揺れ動く社会情勢を映す辛辣なメッセージ性を前面に掲げ、ブラス・ロックというスタイルを作り上げた。70年代に「長い夜」、「サタデイ・イン・ザ・パーク」、グラミー賞に輝く「愛ある別れ」、80年代には「素直になれなくて」など多くの大ヒット曲を生み出した。根強いファンに支持され、2024年9月に15回目の来日公演を行う。 『シカゴ13』 シカゴ流のディスコ・アルバムとも言われた1979年発表の通算13作目。ディスコ・サウンドを意識してリズムに重点を置いた仕上がりになっている1枚で、洗練されたセンスを披露。プロデュースはフィル・ラモーンとシカゴ、ゲストにメイナード・ファーガソン、アイアート・モレイラを迎えたアルバム。全米アルバム・チャート第21位を記録。ヒット・シングル「マスト・ハヴ・ビーン・クレイジー」に加えて、ボーナス・トラック2曲収録。 (1979年作品)

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP